お庭の手入れで気分もスッキリ【芝々青々ガーデン】

Grass cutting machine

伐採の費用

machine

木の伐採は木の種類や規模、面積によって業者へ委託した場合の費用が変化します。専門業者では安全性や周囲への配慮なども行います。家庭では難しいケースでの伐採を行ってくれることも多いです。そんな木の伐採は業者に依頼しましょう。

詳しくはこちら

芝刈りが必要になら

自宅の庭を綺麗に手入れしませんか?植木屋を大阪で探している人にはここがオススメです。長年の経験を活かして、プロがあなたの庭を美しくします。

お庭を放置している人は注目!剪定依頼はプロの業に託しましょう。低料金で、高品質のお庭環境を期待できるので嬉しいですね!

芝刈の特徴

machine

自宅の庭に芝生を張っている方は多いと思います。また、これから芝生を庭に張ろうと考えていらっしゃる方も多いと思います。 今回はその様な方の為に、芝生の手入れの仕方などについて述べさせて頂きます。 一口に芝生と言っても、芝生には様々な種類があり、その芝生によって特徴や手入れの方法などが変わってきますので、その種類に適した手入れを行わなくてはいけません。例えば、西洋芝という種類のものは、冬でも青々とした芝生が生えているというのが特徴となっており、冬でも芝刈りを行わなくてはいけません。 一方、日本芝と言われる種類は、冬には枯れて茶色になっており、芝生が伸びてこないので冬の芝刈りは基本的に必要ありません。 芝刈りをこまめに行う方は、芝刈り機を購入すると作業が楽になります。手動のものと電動のもので価格は異なるのですが、家庭用のものだと手動のもので5000円〜10000位で、電動のもので10000〜30000位が一般的な価格となっています。

芝生の管理方法

芝生の管理には、水やり・芝刈り・目砂(目土)・施肥などの項目があります。 水やりの頻度は、植える芝生の種類によっても異なりますが、基本的に真夏は雨が降らなかった場合は毎日水やりが必要となります。酷暑の時などは、午前中と午後の二回の水やりが必要となります。 芝刈りは、夏は芝生の成長が早いのでこまめに行う必要があります。だいたい一ヶ月に2,3回ぐらいが一般的です。 目砂(目土)は、芝生の植え付け時や、4月の新芽の生える時期などに行います。この作業は植え付け時以外は行わなくても大丈夫ですが、これを行う事でしっかりと目の詰まった芝生の庭が作れます。 施肥を行う時期は、2月後半から3月前半あたりに行うのが良いです。この時施す肥料には、緩効性のものを使用して新芽が出る時期に肥料の効果があらわれる様にしてあげます。 ちなみに、水やり作業を毎日行うのが大変と感じる方は、設定した時間に自動で水やりを行ってくれるスプリンクラーを使用すると、管理が非常に楽になります。

大変な作業である芝刈りは専門家に任せることで負担が減りますよ。その仕上がりも満足して頂けるはずです。

おすすめ関連リンク集

  • 国分グリーンファーム

    手間いらずの人工芝を庭先に敷き詰めるのはいかがでしょうか。天然芝の踏み心地を見事に再現していますよ。
  • お庭なび

    24時間間伐の依頼が行なえます。適切なサービスを提供してもらえるので、庭木の悩みを抱えているなら要チェック。

日本製の中古農業機器

machine

発展するアジアを中心に日本製のトラクターなど農機具の需要は大きく、それに伴い、中古農機具の買取サービスも多様化しています。買取業者の多くは、修理やメンテナンスを施したうえで各国に輸出し、現地での信頼を勝ち取っています。

詳しくはこちら

ミストシステムの利用

machine

近年、気候の変動に対抗し、さらには気候変動を人間がコントロールして農畜産物の生産を行う取組のためミストシステムの利用が増えてきました。畜産において、冷房に比較し非常に低コストな冷却効果が期待され利用が拡大してきました。

詳しくはこちら